玉造温泉

玉造温泉

 日本でも最古の歴史を持つ玉造温泉は、大国主命とともに国造をした、少彦名命の発見と伝えられています。天平5年(733年)にできた出雲国風土記に「一たび濯げば形容端正、再び浴すれば万の病悉に除こる」と書かれ、神代のころから「神湯」として人々に親しまれてきました。湯は無色透明で、美人の湯としても有名です。
玉造温泉冬景色

 

 

 

 

 

 

 

 

●アクセスマップ


大きな地図で見る

ページトップへ