海外旅行保険のご案内

「海外旅行保険」加入のお勧め

募集型企画旅行にご参加の場合、旅行業約款で定める特別補償が適用となりますが、万が一の場合に備えて、安心してご旅行いただくためにお客様には別途「海外旅行保険」にご加入していただくことをお勧めしております。各種保険の内容をご覧いただいた上で、ご自分に合った保険(補償)をお選びください。

 

各種保険(補償)の概要

補償
内容
旅行業約款特別補償規程(募集型企画旅行参加のお客様全員に適応)
クレジットカード付帯海外旅行保険
海外旅行保険
(お客様の任意で加入)
傷害
疾病
×
救援者
×
携行品
備考
旅行業約款に則って支払われます。
カードにより異なります。
お客様のご契約の内容により異なります。

 

※=偶然な事故が原因の場合に対象。

△=補償のない場合があります。

各補償内容の詳細については以下の各項目をご覧ください。

旅行業約款特別補償規程(無過失責任)

企画旅行参加中の旅行者が偶然な事故によりケガをした場合や旅行者の携行品が偶然な事故にあって損害を受けた場合、その損害の一部を補償する制度で、旅行会社の過失の有無にかかわらず補償金を支払うよう旅行用約款で定められています。
募集型企画旅行に関して旅行企画・実施会社(当社)が補償する範囲は下記の通りとなります(海外旅行の場合)。

死亡保障金額 2500万円 *左記内容は、概略を説明したものです。詳細につきましては、旅行業約款をご覧ください。
疾病については特別補償は適用されません
*入院見舞金は入院期間に応じて固定で支払われるのであり、治療費は補償されません。
*通院見舞金は日常の生活に支障が生じた結果通院を要する場合に支払われるのであり、治療費は補償されません。
*携行品の置き忘れ(置き引きも含む)や紛失は対象となりません。
*その他補償の対象とならない事故や携行品については旅行業約款をご覧ください。
後遺障害補償金額 傷害の程度により最高2500万円
入院見舞金額 4万~40万円(入院期間による)
通院見舞金額 2万~10万円(ケガの状態、通院期間による)
携行品損害補償金額 最大で15万円(免責3千円)

 

クレジットカード付帯海外旅行保険

昨今はクレジットカードの所持が一般化され、それに伴って「クレジットカードの保険があるから」と海外旅行保険に加入されない方が増えていますが、傷害死亡や傷害後遺傷害の補償のみが付帯されている場合や保険金額が充分ではないと思われる場合がございます。ご自身のカードの補償内容をご確認いただくことをお勧めいたします。

◎あるカードの場合

傷害死亡・後遺障害 1000万円 *一般的に疾病死亡は補償対象外となります。
*提携カード会社により保障内容が異なります。
*カードによっては旅行代金を支払った場合にのみ適用されるケースもございます。
傷害治療費用
疾病治療費用
疾病死亡
賠償責任
携行品(免責金額3千円)
救援者費用 100万円

補償内容はカード会社により異なります。詳しくはカード会社にお問い合わせください。

クレジットカードの傷害死亡保険金・後遺障害保険金は、一般的には複数のカードを所有している場合でも、カードの補償金額のうちもっとも高い金額を補償金額として保険金が支払われます。(各保険を按分します)

海外旅行保険

海外で発生する事故(傷害や携行品損害)や疾病のリスクヘッジとして、お客様の任意で加入する保険です。ご自身(または家族)を被保険者として保険料をお支払いいただき契約します。

 

一般的な補償内容

海外旅行保険の概要(概略)についてご説明しているものです。保険内容の詳細や重要事項は、各保険会社の海外旅行保険にてご確認ください。詳細は各社の保険約款によります。

保障内容 対象 備考
傷害 死亡保険金(定額)、後遺障害保険金、治療費 偶然かつ急激な外来の事故による
疾病 死亡保険金(定額)、治療費 既往症などは対象外
救援者費用 救援者の航空運賃、渡航手続き費用、宿泊費、遺体処理費用 疾病・傷害それぞれ同様
賠償責任 誤って他人に損害を与えた場合の費用 被保険者の故意は対象外
自動車運転中の事故なども対象外
携行品損害 偶然の事故によって携行品が損害を受けた場合 置き忘れや単なる傷などは対象外

*その他「航空機託送手荷物(託送荷物が遅延した場合の補償)」「航空機遅延(飛行機が遅れた場合のホテル代などの補償)」など上記以外の様々なプランもございます。

ページトップへ